新潮社フォーサイトにウクライナの兵士動員問題の記事を寄稿

新潮社フォーサイトに5月2日、兵役を逃れ国境を越えるウクライナ人男性たちの選択――被侵略国が直面する兵士不足の苦悩を寄稿しました。

ロシア軍による全面侵攻開始から3年目に入ったウクライナで、兵役をめぐる動揺が続いている。兵員不足で政府が動員を急ぐなか、家にこもったり、密出国したりするなど兵役適齢期の男性に不安が広がっている。