Yusuke Murayama

Journalist

Profile

1971年

東京都生まれ。立教大学法学部卒。

1995年

三菱商事株式会社に入社し、環境ODA、中小企業の海外進出支援を担当。

2001年

朝日新聞社入社。札幌を振り出しに、宇都宮勤務の後、東京本社経済部で金融市場、経済産業省・外務省などを取材。

2009年

米ワシントンの特派員としてオバマ政権のアジア外交・安全保障を取材。国務省、国防総省を担当。

2012年

中東ドバイの特派員として「アラブの春」後の民主化やシリア内戦、イラク、イエメン、サウジアラビアなどを取材。

2014年

東京本社経済部で首相官邸サブキャップ、経済産業省キャップ。

2016年

GLOBE編集部で、米メキシコ国境の壁を越える移民を足かけ2年、計約3カ月かけて7カ国で取材。陸路で約1万5千キロをたどり、18か国出身の約300人にインタビューして、「壁がつくる世界」(17年10月号)、「『野獣』という名の列車をたどって」(18年3月号)、「エクソダス」(19年5月号)の移民3部作をまとめた。

インターネットテレビ・アベマTV のニュースチャンネルと共同制作した番組 「『野獣』という名の列車をたどって」 が、2018年の一般社団法人全日本テレビ番組製作社連盟(ATP)による「第34回ATP賞テレビグランプリ」のドキュメンタリー部門で奨励賞を受賞。テレビ朝日・報道ステーションでは2019年5月、2夜連続特集「キャラバンの真実」として第1夜キャラバン編、第2夜ダリエンギャップ編スタジオ編が放送された。

このほか、
・「一帯一路」を描いた「喝采と警戒のシルクロード」(19年2月号)
・「シーア派の三日月」を歩く「中東の新しい地図」(18年9月号)
・エボラ出血熱を検証した「アウトブレイク」(17年7月号)
・国際的な送電網をたどった「国境を越える電力」(17年3月号)
・520キロ歩いた「ひまわりが教えてくれた巡礼」(16年10月号)
などを取材、執筆した。

2019年

東京本社経済部次長として米中貿易摩擦やWTO、OPECなど国際経済分野のデスク業務を担当。

2020年

2019 年度「ボーン・上田記念国際記者賞」の受賞が決定。

3月31日付で朝日新聞社を退社。


学生時代からバックパッカーで、今も陸路と国境にこだわる。88カ国・地域を旅した。

趣味はジョギングと銭湯。デジタルガジェット好き。

© 2020 Yusuke Murayama

テーマの著者 Anders Norén